キャットフードでダイエットに効果的なのは?

獣医の先生から肥満気味と言われたり、または既に肥満になっているなどと猫が指摘されてしまうこともあります。
そういった場合には、とにかくいつも食べているキャットフードの見直しをすることが先決です。
ただ単に食事の量を減らせば良いのではなく、きちんと餌を食べながらダイエットをしていかなければなりません。

最も早くて確実な方法は、やはり動物病院でも販売をしているダイエット食品を与えてあげることです。
そもそも肥満猫用に開発されているダイエットキャットフードは、脂肪分がかなり抑えられていることはもちろんのこと、 塩分に関しても、一般的なキャットフードと比較して少なくなっています。
したがって、このようなダイエットフードを与えると、猫にとっては食事に物足りなさを感じ、味気ない食事となってしまいます。

たまに全く口をつけない猫もいますが、ここで注意をしなければいけないことがあります。
飼い主がカッとなってしまい「ダイエットフードを食べないなら我慢比べだ!」と断食のようなことをしてはいけません。
人間でもいきなり味っ気の無い食事を出されたらどう思いますか?美味しく無いのですから食べたくありませんよね。

猫も同じです。
食べなくなってしまったダイエット用キャットフードを普通に猫に食べてもらうためには、一般的なキャットフードを少量混ぜてみると良いかもしれません。
また最近では猫用のふりかけも販売されていますので、利用すれば味が付いていつも通りに食べてくれるかもしれません。

このように何にも味気の無いダイエット用のキャットフードも、少し飼い主さんが工夫をしてあげることで美味しく食べることが出来るのです。
また別の方法としましては、一般的なキャットフードとダイエットフードを順番に出すという方法もあります。
必然的に一日に摂取をするカロリーも抑えることが出来ますので、美味しく自然にダイエットをしていくことが出来ます。

Copyright (C) 大事な家族の為に All Rights Reserved.