最近のキャットフード事情

現在、ペットフードの種類も非常に多くなってきており、様々なペットフードから選ぶことが出来るようになりました。
また近年、2009年に「ペットフード安全法」が定められ、ペットフードの中に含まれている原材料の表記が義務化されたので、 飼い主が原材料を確認しながら、ペットの健康を考え、責任を持ってペットフードを選んであげなければいけません。
では、どのようなキャットフードなら、猫にとって安心安全に与えることが出来るのでしょうか? また、どんなに安全だからといって、不味いキャットフードでは猫が食べてくれないこともあります。

猫を飼っている人の多くは、家族同然に生活していますので、とにかく長生きしてもらおうと、キャットフード選びには、頭を抱えてしまうことも多いです。
猫の場合には、ほとんどのご家庭で室内飼育をしていますので、飼い主が与えた餌しか猫は食べる物が無いのです。
つまり、野良猫とは異なり、猫の健康管理は飼い主の義務であり、健康的に育ててあげるのは飼っている以上飼い主の責任なのです。

そこで、最近のキャットフードで多くの人に人気となっているのが、無添加で作られたキャットフードです。
この無添加のキャットフードは、一切の添加物を使用していないキャットフードのことであり、添加物とは、いわゆる保存料や着色料、 香料といった、身体の健康にあまりよろしく無い成分のことを言います。
確かに、保存料を加えることによって、長期間の保存を可能にしていますが、最近の研究によって、保存料は発がん性を持っていることが判明したのです。

つまり、有毒ということになります。
そんな危険なキャットフードを、愛する猫に与えることが出来ますか?有毒とわかった以上、絶対に避けるべきキャットフードと言えるでしょう。
多くの飼い主さんが、添加物が含まれているキャットフードを避け始めたことによって、ペットフードメーカーも続々と、無添加キャットフードを発売しています。
つまり、最近のキャットフード事情は、安心安全の無添加が主流となっているのです。

Copyright (C) 大事な家族の為に All Rights Reserved.